テーマ:★★★

[ラノベ] 女皇の帝国6 内親王那子様の聖戦

ラノベではないのだが、ラノベラベルを貼り付ける。 これで、長かった内親王那子様の戦いも終幕である。 氷山空母と共に、京都に乗り込んだ那子様は、スターリンのいる東京の奪還を目指す。 しかし、それには、未だ戦力を保持しているソ連軍が待ち受けるのだった―― こういう仮想戦記モノを読んだのは久しぶりだったので、楽しく読ませて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] ブレイドライン アーシア剣聖記

ロードス島戦記などで有名な、水野良のアジアンファンタジー。 現在三巻まで出ております。 とはいっても、名前なんかはモロに日本の香りです。 物語は、一巻の段階ではまだまだ始まった所。 主人公のヒエンは都に剣の修行に留学中。そこへ父がなくなった、という知らせを受けて急遽故郷の島へと帰るわけですが、そこには戦のにおいが。。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[架空戦記] 皇国の堕天使

女子高生、山本五十六がおもしろかったので、著者買い。 正直な所、これは普通の架空戦記モノで、山本五十六的なおもしろさを期待すると、外れるので注意。 若干、歴史がわかりにくいので整理するとこんな感じ。  ・女性士官がいる  ・山本五十六はGF長官から外されてる。   代わりに、主人公のオヤジがGF長官  ・19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 蒼穹のカルマ5

あいかわらず、テンションの高い本である。 今回のメインディッシュは、アリサの母VSカルマである。 <女王>としての能力を前回にするフユカと、神にさせられたカルマの戦いはギャグなのだが、ギャグを越えて後光が差すほどにすがすがしい。 まあ最初から分かっていたが、フユカの方もアリサとその周りの者の事を考えてやってるんだよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 大正野球娘。 4

帝都たこ焼き娘が帰ってきた! まあ、今回はちゃんと野球しておりまする大正野球娘ですが。 今回の巻は、アーミナ女学院との決戦に向けて気分を高める巻。 でも、決戦に賭け金として張られているモノがモノだけに、どうなんだ、という感じがすごくする。 巻末でも若干あったが、相手の桜はんとかが探り出してしまいそうな気配なんだよなあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 戦塵外史 五 戦士の法

本屋でジャケ買い。 まあ、私には値段の価値はあったが、人によっては受け付けないんじゃないかと思った。 話はごく一般的な貴種流譚劇に近いような。 「少女」が狙われていて、口入れ屋(と書くのは珍しい気がする)で傭兵の「大男」を雇い、旅をするというもの。 途中、トリックスター的に「行商人」が加わり、 「優男」と「黒装束」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画] xxxHoLiC

現在の所、第一六巻まで発売されており、現在ではxxxHoLiC・籠となっている模様。 ある程度話を知っていて、そういや、この漫画の最後(xxxHoLiC編)はなんだっけ?の状態になっていたため、漫画喫茶で一気に読んだ。 いやあ、なるほど、こういう事でしたか。 まさか、死んでるとは思ってませんでした。 ついでに、ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 地球の切り札

実を言うと、この作者、鷹見 一幸は好きではない。 小さな国の救世主という本の後書きで、読後感を全て吹っ飛ばしてくれた事がある。 後書きで、読者を馬鹿にしてくれたのである。 本気で目を疑ったほどであった。 正直、買ってしまった後で本気で後悔した一冊で、1000円払ってもよいので、500円の印税を取り返したいと思ったぐら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 9S

知人と焼き肉に行く最中に、知人が遅れよったのですよ。 まあ、ボードが炎上したからしょうがないのですが、その間暇だったので、小さな本屋を覗くとこの本が。 買ってみました。 面倒なので、Amazonから引用。 かつて「狂気の天才」と呼ばれた一人の科学者がいた。彼が残した驚異の発明は「遺産」と呼ばれ、それを求める国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] 妻はくのいち

名手、風野 真知雄さんの時代小説。 天文馬鹿の雙星彦馬の元へ、一人の女が嫁にやってくる。 名を織江。 彦馬はそれを不審に思いながらも、織江を受け入れ、二人は幸せに暮していた。 はずだった。 一月で織江は忽然といなくなる。 彦馬は必死に織江を探す。そして、織江がくのいちではないか、と紹介した上司に教えられ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN

BBBのあざの耕平が送る、新感覚陰陽師アクション。 とでも言えばいいのかな? 他に、読んだことがある陰陽師ものといえば、  少年陰陽師   これは平安時代の安倍晴明の孫の話ですねえ。   現代物じゃありません。  レンタルマギガ   陰陽師以外にも色々出てくるんですが。   猫屋敷が強いです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] ミニスカ宇宙海賊 漆黒の難破船

読み終えた瞬間、あれ?話おわってないやん(^-^;)と。 弁天丸とオデット2世が、むかーしむかーし、一緒に戦っていた海賊船から救難信号が! それは120年前に行方不明となった船であった! マリカが訝しんでいるうちに、オデット2世号に税金の不払いの魔の手が! はたして、彼女たちは無事税金を払い終えられるのか?!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 護樹騎士団物語 幼年学校編II ビアンは大嫌い

前巻で、シュエットとエトナらと共に男爵ゾルバを倒す事を決意するリジュー君。 守護機はビアンに任せ、ほとんど丸腰で婚礼の阻止に向かう。 そこで見たものは、超お転婆、高飛車なシュエットの姿であった。 思い人(リジュー君)の前ではまったく見せなかった、  ・危険を無視して突っ込む  ・命令することになれまくった態度  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] 孤愁ノ春ー居眠り磐音江戸双紙

前巻で、大納言家基を守りきれなかった、磐音。 養父、養母を一人で埋葬した後、両替商の今津屋の寮でひっそりと暮していた。 しかし、田沼の手はそれすらも奪い、息の根を止めようと動き出していたのだった。 という感じで始まります。 なんというか、田沼無双状態で、天下は田沼のモノみたいなノリで進みます。@ これには、今津屋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画] 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (1)

攻殻機動隊の漫画もついに、士郎正宗ではなく、別人が(^-^;) これを買うような人にとっては原作について、説明不要の漫画でしょう。 退廃的ではない、サイバーパンク漫画の最高峰。 ガジェットの濃さ、描写の細かさ、背景世界の練り込み方。 進んだ技術が当たり前にある世界というものを見事に活写してのけた事。 そして、舞台と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[GAME] ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~

God of War3が出るのに、何買ってるんだよ、というのはさておきですね、 ダンテ・インフェルノです。 ごく普通のアクションゲーで、洋物ですな。 モチーフはダンテの神曲。 で、一七歳未満NGってのがあるように、ストーリーが結構大人向きというか、いやんな話です。 グラフィックは悪くない。アクションゲーとしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] アダルシャンの花嫁

おもしろいよ、と言われたので買ってしまった。 話はごく普通のビーンズ文庫。 主人公は辺境のアダルシャン王国の王弟アレクシード、そこへ嫁ぐのは一〇歳の大カストリア帝国の皇女である。 腹違いの兄貴から押しつけられた花嫁に対して、当然アレクシードはいらだつのだが、国のためにぐっとこらえる。 だが、その裏側ではきな臭い陰謀劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] 大正野球娘。

なかなかの百合小説。 マリ見て系の話でした。 この小説の見所はなんと言っても、時代背景にあると思う。 大正時代というのは、こういうものなのだ!という細かい書き込み。 洋食というのがまだまだ普及していない中、主人公の両親が営むすず川ではオムライスなんか提供しちゃってたりする。 服は大抵和装で、セーラー服が普及してきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 鋼殻のレギオス13 グレー・コンチェルト

本編が半分。 残り半分はカリアンとフェリが主人公の短編です。 本編の方なんですが、「あーあ」という感じ。 レジェンド方面の話が明かされていって、このシリーズ、どう収束つけるつもりなんだろ?と思ってしまいましたな。 というか、ツェルニの危機は回避されたんだから、別の問題がもちあがらんとしょうがないというのはわかるんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] 戦場のライラプス

うーん。 もう少しって感じですねえ。 話ってのは、帯に書いてある説明の通りで、同じ顔をしたライラプスとハヤ、片方は腕を失い接ぎ木した。もう片方は腕を失った。その二人が出会った時、血みどろの真実が明らかにされるって話です。 いくつか。 作中のテーマになっている、体細胞クローンはまだまだ実用になってません。 作中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] 薄妃の恋(僕僕先生)

薄妃の恋は、大絶賛された、「僕僕先生」の続編短編集である。 私は、昨年読んだ本の中でラノベではない本としては僕僕先生が一番好きな小説である。 だから、大いに期待して、ついでに「あれで続編をだすかよ」と言った心境であった。 ・羊羹比賽 ・陽児雷児 ・飄飄薄妃 ・健忘収支 ・黒髪黒卵 ・奪心之歌 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] 女子高生=山本五十六

仮想戦記にも萌え。 GF長官、山本五十六は女子高生だった! めがね顔のクールビューティ。そんな彼女に率いられ、日本はアメリカを討ち果たすべく開戦の日を待ち構えるのだった! というのは嘘です。マトリックスばりの仮想世界の中で、大東亜戦争を再現してみよう、という話です。その世界で山本の中の人が、女子高生が選ばれちゃった、とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[漫画] 打撃女医サオリ

むちゃくちゃな漫画である。だが、それがいい。 ある日、二ノ宮直人は野球の帰りに告白される。 「愛してるわ。だから、一発殴らせて」とバットを振りかぶる女。 その日は危うく餌食になりそうだったが、かろうじて逃げ延びる。 翌日朝、面接に行こうとした彼は再び遭遇する。ストーカーから逃げようとしたまさにそのとき、結石で倒れる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] 女戦士エフェラ&ジリオラ、帝国の双美姫

ひかわ玲子の代表作のリメイク。 同じレーベルから出ている「帝国の双美姫」の方はエフェラ&ジリオラのん百年前という事になる。これも購入したので、一緒に感想を書いてみる。 先にエフェラの方。 ふつーの、ラノベだった。 エフェラとジリオラという二人の女戦士、オーリンという子供を連れて傭兵家業を続けていて、その逸話を描く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灼眼のシャナ 17

前の巻のさいごの、ひでぇ状態から再会。 シャナは囚われ、マジョーリーは昏睡状態、佐藤帰らず、ヴィルヘルミナは町を出て行くことに。 一方、徒の方は絶好調。というか、今回はそっちが主で進みます。 ジュドナイがヘカテーにねぇw で、ゆうじくんは世界の狭間へ、本体を取り戻しにいってしまいます。シャナはそれを見守るだけしかできない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] とある魔術の禁書目録SS 2

短編集2です。 今回のは、前回のSSのような半分長編ものではなくて、本当に外伝・短編集です。 いや、本当に短いのよ。 229Pのなかに、22章。平均10ページちょいです。 で、気になったのだけ拾い出してみると。 親父ズ。 上条刀夜はすでに本編で出ていましたが、ダメ親父な気配を漂わせていました。が、外伝でもダメ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

王様の仕立て屋 20

ファッションで説教する漫画も20巻。 order116 ヴィーナスの両腕 order117 シナモンの枝 order118 巡礼の年 order119 仮面の告白 order120 荒野の用心棒 order121 暗黒街の顔役 とりあえず、ヴィーナスの両腕と仮面の告白だけは見ておけって感じです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] アスラクライン11

アニメ化も発表されたアスラクライン。 11巻目に至りついに主人公は一巡目の世界にたどり着いた。 鳴櫻邸では謎の少女が住み込み、潮泉老人の家は謎の研究所、死んだはずの橘高冬流の姉が現れ、微妙に微妙に二巡目の世界と異なっていた。 そんな中、智春に背後霊の操緒がいない。彼は一巡目の世界の違和感に悩まされつつも、二巡目に戻り兄を殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] BLACK BLOOD BROTHERS(S)6

BLACK BLOOD BROTHERSの短篇集第6巻。 連作の方は、老牙VSミミコチームという形です。 ゲストキャラのお二人は幸せですな。なんかほほえましい。 アリスの出てくる過去編は、聖域に居る頃の話。 カーサとジローがからみあっている所に帰ってきたアリスが嫉妬するという話。 なんの謎もない、バカウケな話です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] ミニスカ宇宙海賊

笹本祐一、完全新作はひさしぶりですね。 この所、ARIALやら裏山の宇宙船の復刻版を出していたわけですが、ようやく完全新作。 で、スペオペで女子高生ががんばる「ミニスカ宇宙海賊」 題を見た時は、笹本ファンの私でさえ、ちょっと買うのやめようかと思いましたよ、ハイ。しかし、これ以上ないぐらいシリーズの内容をぴったり表しているも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more