テーマ:ラノベ

[ラノベ] とある魔術の禁書目録21

終わりませんでした。 次でロシア編は決着かな?という感じです。 で、印象。 ・上条の印象が薄い。 ・3つ分メインパートがあるとそりゃそうか、と思う。  同時進行型になってるので、進みが遅々としていて、微妙に爽快感が損なわれてる感じ ・浜面がいい感じで、活躍中 ・それを上回るのが、アックア。かっこよすぎ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 伝説の勇者の伝説

ダメだ。 これは読めない。 一巻はまだ我慢して読んだが、二巻はもうダメだ。 特にフェリスが出てくるだけで、読む気が失せる。ページをすっ飛ばす。 二巻目は1/3読んだ所で音を上げた。 最後をちらりと読んで、投げ捨てた。 設定がどうこうあると思うのだが、 純粋に会話文を読んでいて話が全く進まず、超うんざりす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 翼の帰る処3上

ようやく入手の、翼の帰る処3上。 上下巻の連続刊行はとまってしまったのが残念です。 今回の話は、前半と後半で話がちと違う。 前半はオビの話。 どろどろした?皇子やらなんやかんやの陰謀劇。 で、オビの話がでてくるわけですが、 そもそも、ヤエト、皇妹と結婚したら、竜気にあたって倒れるばっかりなんじゃないかと思いますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 金翅のファティオータ

竜を巡る世界の物語、悪くない異世界ファンタジー。 ファンタジー度はかなり高めです。 雰囲気としては、空色勾玉なんかと同じにおいを感じました。 (や、洋風ですが) いや、これこそ、ファンタジーのあるべき姿というべきか。 セカイの謎と、主人公の動きが見事にかみ合っており、 傍若無人な皇子と、 冷静沈着な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 女皇の帝国6 内親王那子様の聖戦

ラノベではないのだが、ラノベラベルを貼り付ける。 これで、長かった内親王那子様の戦いも終幕である。 氷山空母と共に、京都に乗り込んだ那子様は、スターリンのいる東京の奪還を目指す。 しかし、それには、未だ戦力を保持しているソ連軍が待ち受けるのだった―― こういう仮想戦記モノを読んだのは久しぶりだったので、楽しく読ませて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 烙印の紋章

や、ひさしぶりにアタリのファンタジーを引いた感じ。 自国のオーバリー将軍に村を焼き討ちされ、そして剣奴に身を落とした少年がいた。 虎の面をつけられ、相手を倒し勝ち進む事だけが、自由の身につながる。 そんな彼の元に、貴族のフェムドが声をかけた。  「皇子の身代わりをやらぬか」 断れば死。 しかし、手を出せば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] レンタルマギカ 白の魔法使い

今回はロンドンでの、アストラルVS協会VSオピオン。 協会相手に、いつきはアストラルがオピオンとの戦いに赴く、と交渉をしかけ、主導権を奪い取っていく。 大英博物館であの紅い種を使ってオピオンの過去をみようと儀式を行おうとした時、オピオンが釣れる。 さらに、協会もまた釣れる。 いつきは、その状況を狙って、驚くべき交渉を繰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 蒼穹のカルマ5

あいかわらず、テンションの高い本である。 今回のメインディッシュは、アリサの母VSカルマである。 <女王>としての能力を前回にするフユカと、神にさせられたカルマの戦いはギャグなのだが、ギャグを越えて後光が差すほどにすがすがしい。 まあ最初から分かっていたが、フユカの方もアリサとその周りの者の事を考えてやってるんだよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 戦塵外史 五 戦士の法

本屋でジャケ買い。 まあ、私には値段の価値はあったが、人によっては受け付けないんじゃないかと思った。 話はごく一般的な貴種流譚劇に近いような。 「少女」が狙われていて、口入れ屋(と書くのは珍しい気がする)で傭兵の「大男」を雇い、旅をするというもの。 途中、トリックスター的に「行商人」が加わり、 「優男」と「黒装束」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] シンクロニシティ・ゼロ

ごめんなさい。 これは途中で挫折しました。 なんというか、典型的な最近のラノベ、という感じ。  ・荒廃してる世界  ・高校生がパワードスーツを着て戦う  ・女の子と一緒じゃないと、力がでない  ・新しい女の子(天才)がやってくる なんというか、富士見ファンタジアさんのクロム・クローズド・クロニクルを思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 地球の切り札

実を言うと、この作者、鷹見 一幸は好きではない。 小さな国の救世主という本の後書きで、読後感を全て吹っ飛ばしてくれた事がある。 後書きで、読者を馬鹿にしてくれたのである。 本気で目を疑ったほどであった。 正直、買ってしまった後で本気で後悔した一冊で、1000円払ってもよいので、500円の印税を取り返したいと思ったぐら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 9S

知人と焼き肉に行く最中に、知人が遅れよったのですよ。 まあ、ボードが炎上したからしょうがないのですが、その間暇だったので、小さな本屋を覗くとこの本が。 買ってみました。 面倒なので、Amazonから引用。 かつて「狂気の天才」と呼ばれた一人の科学者がいた。彼が残した驚異の発明は「遺産」と呼ばれ、それを求める国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN

BBBのあざの耕平が送る、新感覚陰陽師アクション。 とでも言えばいいのかな? 他に、読んだことがある陰陽師ものといえば、  少年陰陽師   これは平安時代の安倍晴明の孫の話ですねえ。   現代物じゃありません。  レンタルマギガ   陰陽師以外にも色々出てくるんですが。   猫屋敷が強いです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] ミニスカ宇宙海賊 漆黒の難破船

読み終えた瞬間、あれ?話おわってないやん(^-^;)と。 弁天丸とオデット2世が、むかーしむかーし、一緒に戦っていた海賊船から救難信号が! それは120年前に行方不明となった船であった! マリカが訝しんでいるうちに、オデット2世号に税金の不払いの魔の手が! はたして、彼女たちは無事税金を払い終えられるのか?!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 護樹騎士団物語 幼年学校編II ビアンは大嫌い

前巻で、シュエットとエトナらと共に男爵ゾルバを倒す事を決意するリジュー君。 守護機はビアンに任せ、ほとんど丸腰で婚礼の阻止に向かう。 そこで見たものは、超お転婆、高飛車なシュエットの姿であった。 思い人(リジュー君)の前ではまったく見せなかった、  ・危険を無視して突っ込む  ・命令することになれまくった態度  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] ウェスタディアの双星1

四冊ほど購入して、ようやく判明した感じ。 本格的なスペースオペラを読みたいならば、田中芳樹の銀河英雄伝説をお勧めします。 最近であれば、野望円舞曲ですかねえ。 SFより?には、銀河乞食軍団 それはさておき、このウェスタディアの方は子供向けなヒロイック系のスペースオペラです。 登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] レイン〈1〉雨の日に生まれた戦士

一巻だけ読むのは、止めた方がいい。 しかし、正直、私はもういいや、と思う。 話のあらすじは「ドラゴンスレイヤー」たるレインが絶体絶命の小国を如何にして救うかーという所で、一巻ではまだまだ始まったばかりである。 問題は、この作品はファンタジーの異世界をうまく描ききれていない、という点にある。 描写が圧倒的に足りてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[本] 女子高生=山本五十六リローデッド

やったぜ、架空戦記の「女子高生山本五十六」シリーズがついに復活。 2chとかでは、なんぞ著作権のまわりでごたごたしていて、続刊がむりではないかと言われていたようですが、無事復活! 今回は、超有能だった米内の「中の人」の正体が! 「中の人」が出張ででられなくなって、代わりにメイドさんが「中の人」に! 山本五十六はこのピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 翼の帰る処2下

上巻で、黒狼公に任じられたヤエト。 第二王子の国からの使者を迎えて、領内の盗賊討伐に乗り出すのだが、そこにはかつて帝国が滅ぼした国の者たちがいた。 王子と、予言者が居た。 ヤエトは彼らを帝国の民として受け入れると言い出すのだが・・・ この巻は北嶺が全然でてきとりません。 皇女はずっとヤエトの元に避難中(^-^;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 翼の帰る処

これはすばらしい。 妹尾ゆふ子のラノベ翼の帰る処。 装丁からしてすばらしい絵なのですが、内容もすばらしかった。 舞台は、真帝国というこの一〇年で成立した国。 砂漠を越えて大陸の東側に逃げ延びた人々たちが作った国。その北辺である、北嶺に飛ばされたのは、尚書官のヤエト。 彼は三〇後半の線の細い男で、体が弱い。とてつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] IS②

美少女+メカ。 もう、お腹いっぱいです。 一応一通り読みましたが、なんというか、売るためだけの小説。 わからんでもないですが、この設定はどうかと思うわけで。 二巻目の頭からして、親友の妹とフラグが立つわ、幼なじみとのフラグが強化されるわ、転校生とフラグが立つわ、とにかくフラグたてりゃーいいってモンじゃないでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] アダルシャンの花嫁

おもしろいよ、と言われたので買ってしまった。 話はごく普通のビーンズ文庫。 主人公は辺境のアダルシャン王国の王弟アレクシード、そこへ嫁ぐのは一〇歳の大カストリア帝国の皇女である。 腹違いの兄貴から押しつけられた花嫁に対して、当然アレクシードはいらだつのだが、国のためにぐっとこらえる。 だが、その裏側ではきな臭い陰謀劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] レディ・ガンナー 虹色の羽

森の賢者の元へ里帰りしたベラフォード。 その前に、母の「南洋極楽鳥」の里から使者がやってくる。二〇年に一度の祭りがあるので、それに参加してほしい、と。 ベラは不審なものを感じつつも、その誘いに乗るのであった。 だが、その祭りでベラは尊様をやらされることになり・・・ なんですか。 序盤があまりにもつまらない。 とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 鋼殻のレギオス13 グレー・コンチェルト

本編が半分。 残り半分はカリアンとフェリが主人公の短編です。 本編の方なんですが、「あーあ」という感じ。 レジェンド方面の話が明かされていって、このシリーズ、どう収束つけるつもりなんだろ?と思ってしまいましたな。 というか、ツェルニの危機は回避されたんだから、別の問題がもちあがらんとしょうがないというのはわかるんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] BLACK BLOOD BROTHERS11 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 賢者転生

あざの耕平の、吸血鬼サーガ「BBB」完結編。 朱姫の大魔術によって特区に乗り込んだミミコは、ジローと再会を目指す。それを阻止せんと動く九龍の子たち。 二人にザザの魔の手が伸びる。 ジローは九龍王を再び倒せるのか?? ネタバレありです。 すがすがしい最後でございました。 全編ハードな戦い。その後に訪れる平和がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] 彩雲国物語 黄粱の夢

彩雲国物語の黄粱の夢をGET。早速読んでみた。 なんだか短編が立て続けな感じがしますが、書いておかないともう書く機会がないんでしょうねえ。 次からが最終章つってるし。  ・鈴蘭の咲く頃に  ・空の青、風の呼ぶ声  ・千一夜 「鈴蘭の咲く頃に」では、静蘭がなぜ王子という立場から追い落とされたのか。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] BBB10

ついにクライマックス! ということで、香港聖戦の前夜、いったいカーサに何があったのか。アダム・王とは何が。 アンヌが倒れる時に「リズ・・」と言ったリズは誰なのか。 その真相がワインにカーサが語るという形でついに判明。 そして、一方ミミコはジローが動くのを待っていた。  「弟を救い出します。だから、あなたも来てくださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンタルマギカ 旧き都の魔法使い

いよいよ、第二部クライマックスへ。 アストラル一行は京都へ。修学旅行&社員旅行だが、猫屋敷の所属元である八葉からの招待状も届いていた。 彼らからの依頼は、レイラインを改造してくれ、というもの。 その突飛な依頼に、いつきは面食らうが・・・その最中、協会とオビオンが動き出す。 そして、ついに猫屋敷の過去が明かされる―― …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

[ラノベ] とある飛空士

えっと、これ続きますよね? というわけで、判断保留。 今の所、ラブ要素もあまりなくて、おもしろいかというと、歴史にガキが翻弄されてますなーという所だけであって、ヘタレはヘタレなままであり、頑固親父は世界を救うぐらいにしか思いがありませぬ。 今後に期待。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[ラノベ] リビングデッド・ファスナー・ロック

ここしばらくの中では、意外におもしろかったラノベ。 リビングデッド・ファスナー・ロックは奇伝小説であってまちがっても推理小説ではない。 話は、女子高生の遺体が河原で発見される所から始まる。 不思議な事に、その遺体は軽くペラペラ。そして、ファスナーがつけられていた。 しかも、その女子高生はわずか三時間前にコンビニで買い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more