[本] 聖剣の刀鍛冶3



三浦 勇雄が送る、覚悟完了なガール・ミーツ・ボーイの騎士物語の第三弾。
今回の山場は、あのジークフリードとのからみでしょう。
やー、セシリー嬢も女だったんですね。
それ以上に、ジークフリードのヘタレっぷりに乾杯。そりゃねえでしょ。あそこまで行ったら、期待してしまいますよ(何をだw)
まあ、とにもかくにも、この巻も相変わらず理不尽な試練が襲いかかってきて腹立つわけで、それを巻末でスカーっっとさせてくれる技量には脱帽。
ただ、今の所話の設定が意外に対人間向きだって事以外、この展開ありかよ?という所がないのがおしい所。
まあ、十分セシリーは無茶でご都合主義なんですが、脇役でそれぐらい破壊力のある奴がほしいなあ。
このままだと、普通におもしろい程度でおわっちゃうような。

個人的には、ルークとリザの関係が本当に別レーベルで出した方がいいんじゃないかと思うような間柄になってきたのをもう一歩進めて、次はリザVSセシリーの恋の嫉妬対決に、アリア乱入ってのは如何ですかね。

しかし、相変わらずセシリーの同僚、影薄いな。。。今回はちょっとだけがんばってましたが。
#むしろちょっとだけ出ていたから、逆に影の薄さが気になる感じ。

"[本] 聖剣の刀鍛冶3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント