[ラノベ] 地球の切り札



実を言うと、この作者、鷹見 一幸は好きではない。
小さな国の救世主という本の後書きで、読後感を全て吹っ飛ばしてくれた事がある。

後書きで、読者を馬鹿にしてくれたのである。
本気で目を疑ったほどであった。
正直、買ってしまった後で本気で後悔した一冊で、1000円払ってもよいので、500円の印税を取り返したいと思ったぐらいであった。

まあ、それから数年しているので、作品と人間性は別と思っている(例:富樫のH&H)ので、ちと買ってみた、という所。
後書きで似たような事を書いていたら、正直、破り捨ててやるつもりであった。


話としては、よくある宇宙人衝突→スーパーな力を手に入れました(女の子)、という話をコメディタッチで描いている。
大昔の妖怪伝説は、宇宙人の仕業だったんだ→なんだって!
という話。
で、日夜、宇宙人たちは人目を忍んで戦っているのだ。
君も一緒にたたかうしかないよね?! 女の子見捨てないよね?という話。

まあ、中二病とかそういう所に着目するのは、小さな国の救世主と大体一緒かなあ、という気持ちはあったが、話自体は読みやすくて、おもしろい。
ツッコミどころ満載、というのはその通りで、なかなか。

後書きも、たいしたことがなくて、読後感も普通。
値段分ぐらいですかねえ。

そんな本でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック